税法理論の暗記ってなんでこんなに大変なの?


※スケジューリングサービスは現在停止しています。

 

「税理士試験用の良い暗記法はないんだろうか?」

「税法科目の暗記ってなんでこんなに大変なんだ」

「あんなに何度も覚えたのに忘れちゃう・・」

「暗記パンほしい。。脳にUSBメモリささらないかな。。。

そんなあなたのために。

「理論を替え歌にして暗記しましょう

 

やってみるとわかりますが、語呂合わせ、場所との関連付けなどの方法は、長文の完全暗記である税法理論には一切役立ちません。

「メロディー」を関連付ければ長文暗記にも対応できます。それが異常なほどに税理士試験に相性が良いものです。

 

昔から、琵琶法師や吟遊詩人といいた「長文を完全暗記する人」の手には楽器があります。その先人たちの知恵から学びましょう。

 

忘れっぽい古代イスラエル人に対して、神が忘れられないように与えたもの。それも歌でした。

 

「歌で全部覚えられるの?」と信じられない人は、サンプル音源(消費税法1-1①)があるので、そうした方は実際に、「覚えやすさ」、「忘れにくさ」、「思い出しやすさ」を体験してみてください。

「論より証拠」です。体験するとその力がわかると思います。

 

※理論が知りたい方は、神戸大学大学院「塚本・寺田研究室」で替え歌暗記法の学術的研究が行われています。そちらへどうぞ。

 

 

※その上で、「自分で作りたくない」、「作っている時間がもうない」という方は「理論ソングブック」

 

※自作の替え歌で試験に挑む方は下の書籍へ(基本的にはこちらがお勧めです。理論ソングブックは有名曲とはいえ、モーツァルト等の著作権が問題にならない曲に限定されてしまいます。一方、自作であれば自分の好きな曲を選べます。)

「税理士試験の理論暗記」を攻略するため詳細なノウハウをまとめました。「替え歌」で覚えるっていってもいろいろ聞いてみたいことがあるという人も多くいますし、私自身、替え歌で覚える作業を行いつつも結構、失敗したのでそうならないために本にまとめました。


 

1,2曲の暗記ではないですから、効率的に効果的に体型的に100-200曲を覚えるためには、闇雲に聞き流していても覚えられません。

実体験に基づく覚えるためのノウハウも集約されています。

 

Kindleでのみ出版しています。Amazonから購入可能です。「Kindleアプリ」(無料)をダウンロードすることで、iPadやipod touchやスマホで読むことができます。

その名も

『税理士試験-替え歌暗記法』です。

ふざけているようで、大まじめなのがこの本です。

このノウハウのおかげで「理論落ちこぼれ状態」から逆転でき、現在は税理士になっています。

 

なんだかんだ言っても、本試験は丸暗記ができている方が有利です。

 

「暗記をしない派」の方々は、信じる道を進めばよいと思います。何をどう強く主張したところで、結果は合格通知で出ます。

一方、「暗記をする派」の方は、どうせ暗記をするわけですから、合格を勝ち取ることができる精度の高い暗記をしましょう。「修行僧のような苦行の暗記したのに不合格」が最悪の結果です。