そろそろ現実に直面する人たち

もはや完全な直前期になりました。

 

大半の受験生は暗記に苦労していると思います。

この時期に、「暗記は必要ない」という講師はほぼいません。

 

なぜだか「暗記ができていて当然だろ」というテンションで話をしてきます。

「たしかあの頃、『それほど一字一句暗記しなくても合格できるんです』といってたような気もするのに。。。だから、たいして暗記できてなくても安心してたのに」と思ったところで、もはや時間は取り戻せません。

 

厳しい現実に直面して悩んだ挙句に、

「結局のところ、予備校にとって来年の受講生が増える一番の方法は、非常に授業の内容は良かったが、自分の努力が少し足りなくて不合格になるということだから

『惜しいところで不合格という人の増加』

が予備校の戦略なのでは?」

とさえ勘ぐりたくなる受験生も結構います。

 

さすがに講師陣は生徒一人一人の事をよく考えていますので、そこまでは勘ぐりすぎです。そこまでは狙えません。

 

とはいえ、一つ言えることは

「理論暗記には早めに替え歌で取り組むべきである」

ということです。

 

理論暗記についてはこれまで

「『時間が経つと忘れてしまうために、貯蓄がそれほどできない』だから、直前期の追込み勝負だ!」

と思っている受験生が多くいました。

(もしくはそういうことを言って周りを油断させて、自分だけ暗記に取り組む受験生が結構いました。)

 

しかし、歌にするだけで、理論暗記はかなり貯蓄ができます。一度完璧に歌えるようになった歌は何年経っても「忘れない」からです。

 

税理士試験の勉強に取り組んでいながら、

「理論暗記を一字一句しなくても」

「直前期に追い込まれてから暗記をがんばります」

などという文句で、理論暗記に本気で取り組むのを先延ばしにしたところで、合格には寄与しません。

「手を抜く方法」を追求していくと本当に、予備校の売上に貢献するだけの人になりかねません。

 

ワールドカップが開幕しました。

「どれだけラクして勝てるか」

を追求する選手は、通常、出場さえしていません。

 

「日々、どれだけ全力で情熱を傾けるか」

が大きな勝負の勝敗を分けます。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ