法人税法

税理士試験の科目の中でも最難関といわれる科目です。

 

理論暗記はどれほど重要なのでしょうか?

 

近年の問題は応用問題となっているものの、条文を暗記していないでしっかりした解答を構成できるのかというとそうでもありません。

 

実際、計算問題で法人が行った事業活動について、税法上どのように処理するのかということについて処理能力を試すことができます。

 

理論として1時間解答を書かせるわけですから、条文をしっかり暗記してきているかということやそれぞれの理論的な根拠がやはり問われます。

 

税法上の用語の定義や、それぞれの制度の適用要件といった基本的な事項についての暗記はやはり不可欠です。