理論ソングブック 消費税法

ようやく「理論ソングブック 消費税法1-1」を刊行できました。

試しで買い求めやすいように分冊にして刊行していきます。

 

今回の曲はすべてモーツァルトです。

「モーツァルトなんて知らないよ」

という人もいると思いますが、きっと意外と知っているメロディーだと思います。

(まあ、だれのどんな曲を使おうと、

「〇〇なんて知らないよ。」

という人はいるもので、、だから自選曲による替え歌の自作を勧めているわけなんですが。。)

 

「遠き山に日は落ちて」「Jupitar」方式で、クラシックの曲に歌詞をつけてみました。

なので、替え歌ではありません。

 

とはいえ、『税理士試験-替え歌暗記法』理論ソングブックとして出しているのは、やはり「替え歌で暗記する」方が合格に近づくからです。

 

理論ソングブックは、あまりに要望が多いため制作した、替え歌を自作したくない人を助けるためのものですが、王道は替え歌の自作です。

 

とはいえ、理論ソングブックにも暗記しやすい工夫を随所に入れているのでよかったらご利用ください。

 

どんどん刊行していく予定です。

 

今年も

「理論をなあなあで済ませていた人」がやはり合格したつもりで不合格という痛い目にあっているようです。

 

「どれくらいやらないでいいか」を極めるより、「どれくらいやれるか」を極めて合格しましょう。

 

「どれくらいやらないでいいか」を極める方法は、まぐれで合格できたときはいいのですが、不合格のときの衝撃がきつ過ぎます。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

『替え歌暗記法』を実践している人数について

『税理士試験-替え歌暗記法』のノウハウはどの程度の人が実際行っているのでしょうか?

 

実際の売れた具体的な数は、公表していないのですが、すでに基本的にはミニ税法と呼ばれる科目の今年の合格者数は超えています。

 

2013年5月に公表したので、2013年8月の本試験ではある程度の結果だったかと思います。

 

ただ、2014年以降は、この本のノウハウをもって理論を完璧に覚えてくる人が続出してくると思われます。

 

これまでどうにもこうにも暗記できなかった暗記がそれほど得意でない人でも、150曲、200曲程度であれば本気になれば1年もかければ覚えられたりするものです。

 

※もちろん本気にならなければ覚えられませんし、一日では覚えられません。

 

実際、このHPをYahoo!やGoogleで検索して訪問してくる人の検索キーワードというものが、毎日リストアップされてきています。

下記のものは昨日のリストです。

 

-----------

1税理士試験2

2国税徴収法 役立つ1

3替え歌 税理士 ソング1

4法人税法 理論1

5税法 勉強1

6税理士 専門学校 高すぎ1

7税理士 替え歌1

8税理士 替え歌 理論1

9税理士 替え歌暗記法1

10税理士試験 一番の山1

11税理士試験 暗記1

12財務 替え歌1

13財務諸表 替え歌

 

-------------------

そして、今日がこれです。

1替え歌で覚える税理士理論2

2事業税 住民税 固定資産税 理論1

3暗記 コツ1

4税理士に必要な能力1

5税理士試験 答案作成1

 

-----------------

統計からわかるように書籍の読者以外にも「替え歌暗記法」がだいぶ浸透してきたようです。配信されている理論暗記セミナーには替え歌で覚えることは言及されていないものの、TACや大原の講師には書籍の出版について伝えたので、一部受講生には情報ぐらい伝わっているのでしょうか。

 

実際、替え歌で7月ぐらいまで暗記がすいすい進んだものの、直前で壁にぶつかってこけた経験があるので、伝えるなら正確に伝えてほしいところですが、そこまでは把握できません。

 

税理士試験関係のキーワードでなく、「税理士試験 替え歌」といった検索が最近如実に多くなっています。

 

「替え歌集」が出版されていないか探す人がやはり多いようです。

 

それで、税法の理論ソングブックについても問い合わせが増えてきました。

そちらについては、そろそろ新しいことを発表できそうです。もう少々お待ちください。

※ただ、受験生には『税理士試験-替え歌暗記法』を読んでの自作をやはり勧めます。曲は自分で選んだ方が効果が上がるからです。

 

というわけで基本的にはすでに大半の人がこっそり歌うようになっているというのがこの業界の裏の常識になりつつあるようです。

 

来年の試験において受験生の暗記レベルは全体的に高くなるのでしょうか。。。

 

とはいえ、読者の人たちには、単なる「替え歌暗記法」を行った末に直前に失敗してしまった著者の失敗談から学んだノウハウがあるわけですから、最後に一歩抜け出して、合格をぜひ今年のように勝ち取ってもらいたいものです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

TACの理論暗記セミナー

大原でも理論暗記のためのセミナーが開催されていましたが、TACの理論暗記セミナーがネットで公開されていました。

 

興味のある方はTACのHPから、動画チャンネルをたどるとみることができます。大原の理論暗記対策セミナーも大原のHPのどこかから見ることができたと思います。

 

大手専門学校両校が、今年は理論暗記のためのセミナーを開催したということになります。

(私が通っていたころは毎年開催されているセミナーではなかったかと思います。。)

 

「替え歌で覚える!」

といったこれといった「それなら覚えられそうだ」と感じさせるような方法論は語られないのですが、どちらのセミナーからも明確にわかることがあります。

 

それは、

「税理士試験は、理論暗記をしないと合格できない」

ということです。

 

税理士試験の合格者の大半がお世話になっている、大手2校が、昨年の問題と公表された「出題のポイント」を分析した上で、今年はあえて理論暗記対策のセミナーを開催しているわけですから、ほぼ間違いはありません。

 

理論暗記については、あまりに大変すぎて憶測で

「全部覚えなくてもいい」

「丸暗記など不要だ」

などなど、いろいろな噂が出ますが、現時点において来年の本試験を考えると、理論暗記はやはり欠かせないというのが両校の出した結論のようです。

 

(私も同感です。

税理士試験に限らず、執筆に当たって弁理士先生や弁護士先生とも話をしましたが、

「法律家は条文が言えてなんぼ」

ということが共通した意見でした。)

 

来年の本試験を考えた上で、本当に理論暗記が不要なのであれば、理論暗記セミナーなど開かれないでしょう。

 

両校ともにその労力と費用は相当なものです。

 

結局のところ、

「近年、暗記だけでは対応できない試験になった」

とはいえ、理論暗記は最低条件で、

「理論暗記を制したものが税理士試験を制する」

という状況が来年もあるようです。

 

となると、すでにかなりの替え歌を制作し終わっている読者の方々は、かなり合格に向けて有利な位置にいることになります。

 

是非、書籍のノウハウを最大限に利用して替え歌で覚えて、他の暗記方法で苦労している受験生を圧倒してもらいたいものです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

日商簿記検定試験

昨日、日商簿記検定試験が行われたようです。

 

税理士試験にばかり注意していたので、特に意識していなかったのですが

「理論ソングブック 財務諸表論①」

がなぜだかこの時期から、売れるなと思っていたのですが、簿記1級の理論対策に使う方々もおられるようです。

 

確かに、同じ会計基準の文章を覚えるわけですから、役立つのかもしれません。

個人的には、財務諸表論の受験経験はあっても簿記1級の受験経験がないので理論のウェイトや、範囲はよくわからないのですが、1,2問で合否を分けるのであれば、計算問題を解きながら歌を聴いていれば、自然と暗記できてしまうこのツールを利用するということも効果的なのかもしれません。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

iPadのすゝめ-その10 「音楽を探そう」

替え歌暗記法を税理士試験の理論暗記で行おうとするなら、1、2曲では済みません。

 

私個人もそうですが、それほど曲を日常的に聞くわけではなかったので、なんとなく聞き覚えのある曲や、全く知らないけれども覚えやすそうな曲を見つけなければなりませんでした。

 

iTunes Storeにはたくさんの楽曲があり、試聴も可能です。

何年も聞いていなかったような楽曲を見つけられるということはなかなか貴重な経験だったりします。

 

もちろん、Youtubeでも見つけることはできます。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

iPadのすゝめ-その9 「Gmail等を使おう」

そもそも的な話になりますが、iPadで何が使い勝手が良いかと言えば、gmailなどのアドレスをいくつも大量に管理できるということです。

 

いくつかメールアドレスが欲しいときはあるものです。

とはいえ、パソコンで管理するのは結構大変です。

iPadであれば、新着メールをざっと管理することもできますし、個別のアドレスの管理もすることができます。

 

メインアドレス、通販用、仕事用...etc

勉強であれば、

法人税法用、消費税法用、所得税法用...etc

それぞれにアドレスが欲しくなります。

 

それぞれのアドレスにメールを送っておくだけで、データベースになります。

 

iPadでGmailを使うのであれば、ネットにさえつながれば世界のどこでもアクセスできますし、検索も可能です。

 

ちょっとしたことなのですが、これが意外と便利だったりします。

 

税法などを勉強していると、情報量に圧倒されてうまく管理できなくなった挙句に、管理をあきらめるということになりかねませんが、iPadとGmailを組み合わせるだけでかなり管理しやすくなります。

このアプリでなくても、iPadに入っているメールのアプリでも管理できますが、使っているとメーラーがいくつか欲しくなったりするものです。

iPadのすゝめ-その8 「スケジュール管理」

iPadには普通にカレンダーアプリがついています。

 

Yahoo!やGoogleのカレンダーとも、同期してくれるので非常に便利です。

 

iOS7になり、通知センターに終日のスケジュールが通知されなくなってかなり不便になりましたが、それでもiPadはスケジュール管理をするのには非常に便利です。

 

このサイトでスケジューリングを利用の方であれば、暗記の回転スケジュールがプログラムによって組み上げられて、そのスケジュール通り歌っていけば、直前期には圧倒的な暗記力を身に着けているはずです。

 

他にも、計算問題にしてもテキストの読み込みにしても、税理士試験という長丁場の試験で重要なのは、単なる努力ではなく、計画的な努力だったりします。

 

短距離走ではなく、長距離走のイメージです。

 

やはり、効果的なスケジュールというのは、受験勉強に欠かせないものです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

iPadのすゝめ-その7 「ストップウォッチ・タイマー」

普通の事を書くようですが、

税理士試験は時間との戦いです。

 

時間内に答案を完成させなければなりません。

 

合格ラインにいる人は、1年間勉強してきていますから時間さえかければ、合格できる答案を作成できるものです。

 

それで、常に時間を意識しておかなければなりません。

 

やはり、ちょっとした計算問題を解く場合においても、ストップウォッチがあると有効です。

 

時計についている人は、いいのですが、iPadにも当然のようについています。

 

iOS7になって少しストップウォッチが出しやすくなったような気がします。

 

下からスライドさせるとストップウォッチのボタンが出てきます。

 

 

常に時間を意識するという時には、ストップウォッチやタイマーというのは役立ちますし、メリハリをつけて勉強するのにもよい道具です。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

iPadのすゝめ-その6「理論ソングブック」

実は、替え歌集の出版をはじめました。

appleの審査というものが結構な時間がかかりまして、気が付いたらようやく出版できていました。

 

ただ、思い描いていた形式が、現在のところKindleでは実現できないということでibookstoreでのみの販売となっています。

 

なので、iPadをご利用の方はまず、無料サンプルだけでもご利用ください。(ipod touchやiphoneでも利用可能です。)

 

自然と企業会計原則の一般原則の7つが口ずさめるようになります。

 

TACも暗記セミナーを11月に開催するみたいですね。

大原もTACも、結局、税理士試験に合格するためには理論暗記が必要なことは知っているわけですね。

 

Webで無料公開ということなので、これは公開されたら見てみようと思います。

 

さてさて結局、どんな方法で暗記することが勧められるのでしょうか。。?TACにも大原にも『税理士試験-替え歌暗記法』は教えてあげているのですが、、、

 

生徒なのに、結局、なんにも知らされず暗記ができない人がいるというのは実にかわいそうな話です。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

iPadのすゝめ-その5 「勉強した条文にマーカーを」

条文はすでに入っていると思います。

 

通達も全部入れて、学習した部分については、マーカーを引いたりコメントをつけたりしていきましょう。

 

そうすると、時間の経過とともに条文がマーカーだらけになります。

 

そして、直前期には、目を通していない条文が一目でわかるようになります。

 

そういうところを自分で学習して講師に質問しましょう。

 

マーカーの色はたくさん用意されていますので、授業で聞いた部分は黄色、質問したところはオレンジ、自分で読んだ部分はピンクなどと色分けしておけば自分で読み進めることも可能です。

 

紙と違って、マーカーはすぐに消せます。

字も書き込めますし、消せます。

 

どんどん条文に書き込んでいってしまいましょう。

 

「資格の大原」が記憶力アップセミナーを開催しているみたいです。

 

いろいろな記憶理論がありそうですが、

要するに実践するためには、

「替え歌で覚えよう」となるでしょうか。。?

それとも、ただ記憶理論が並べ立てられるだけでしょうか?

 

ちょっと興味があります。

(大原の講師には出版直後に教えてあげているのですが、中途半端な紹介で、受講生が「使えない替え歌」を大量に作ることになってしまったらかわいそうですね。)

 

だれでも参加できそうなので、行ってみようかな。。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

iPadのすすめ-その3 「ミスノートを送っておこう」

「ミスノート」というものを作る人は多いと思います。

 

当然ですが、紙のノートではなくExcelで作りましょう。

項目ごとに並び替えることが一発でできます。

「科目名」

「テーマ」

「日付」

「テスト名」

「理論と計算」

「詳細」

といった6項目のリストでいいかと思います。

追加してもいいですが。

 

Excelの並び替え機能を使えば、本試験直前には、自分の弱点が項目ごとに並び替えられます。

実は同じところを毎回間違えているということもExcelだと気づきやすくなります。

 

一応ミスノートサンプルをUPしておきます。

ダウンロード
ミスノートサンプル.xlsx
Microsoft Excel 9.4 KB

それで、これをミニテストや実力テストごとに作っていくわけですが、印刷する手間が実に面倒です。

 

「どうせ今日印刷しても、来週には追加されるし。。」

などと思うと印刷しなくなり、最終的にミスノートも作らなくなります。

 

そんなときにiPadです。

 

更新したミスノートをiPadにメールで送っておけばいつでもミスノートを確認できます。印刷は不要です。

 

「自分のミスの蓄積と確認」は合格への近道になります。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

iPadのすゝめ-その2 「テキストも全部入れておこう」

条文をすべて入れることができたら、次はテキストです。理論教材も、そうでないテキストも、計算問題も、ミニテストもすべてiPadに取り込んでしまいましょう。

 

そうすれば、すべての教材をいつでも持ちあることができるようになります。

 

これが意外に重要です。

 

「あれ、なんだっけ?」

と思った時に調べられるのと

調べられないのとでは、学習効果が大きく違ってきます。

 

スキャナがない場合にもiPadにはカメラがついていますから、写真を取ればOKです。

 

いくつかアプリを経由すれば撮った写真も簡単にGoodnotesの条文の中や最後、また、テキストの間に差し込むことができます。

 

Goodnotesで本棚も分けられるので、ファイリングも完璧です。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

そろそろ何かのテーマで書いていこうかなと

そろそろ何かのテーマで連載していこうかなと思っているものの、イマイチ考えがまとまらないところがあります。

 

こっそり、このサイトにおきましても条文をPDFにして掲載していたり、スケジューリングサービスの内容を整えたりしているのですが、やはりiPadもしくはiPad miniが受験勉強を行っていく上で超重要ということを感じています。

 

『税理士試験ー替え歌暗記法』自体を読むのにも、理論を覚えていくのにも使えますし、条文やテキストを収録しておくのにも使えますし、スケジュール管理にも使えるからです。

 

それで、iPadの税理士試験勉強における使い方というテーマで少しずつ書いていく予定です。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

9月からのスタートダッシュ

9月になりました。

 

いよいよ大原やTACも新カリキュラムがスタートします。

 

おそらく、9月末に最初の理論暗記が要求されます。

その時点で気づくか、今、その大変さを察して行動するかは、意外と大きいです。

 

月ごとのテストの場合、理論問題については出題されるところが指定されます。そして、そこを暗記して書くことが要求されるわけですが、通常は初学者の場合、この一月で1題もしくは2題の暗記しかできません。

 

初学者が替え歌以外の方法で、この9月に暗記を勧めることはほぼ不可能です。なぜなら、内容が税法条文の理解できないので、理論が頭に入らないからです。

 

一方で、『税理士試験-替え歌暗記法』のノウハウをもってすれば、意味が多少わからなかろうと暗記をどんどん進めることができます。

 

それで、結果的に『税理士試験-替え歌暗記法』のノウハウを実践する人は、9月末の時点で他の受講生が1題やっとこさっとこ書けるようになるかならないかの時点で、うまくスケジュールを組めば、8~10題覚えることができます。

 

圧倒的な差です。1月に勉強をはじめる人との差も、これまでの暗記法では大した差がつかなかったのですが、『税理士試験-替え歌暗記法』によって、1月の時点では圧倒的な差になっていることでしょう。

 

この気持ちの優位性は、他の勉強の点でも影響を与えます。

 

「自分は優秀だ」と感じれる方が勉強が楽しく進むものです。

無料レンタルが可能に

自分でこのサービスを使用していないので詳しくは分からないのですが、Amazonのプライム会員になるとKindle端末を持っている場合、月に1冊無料でレンタルできるようです。

 

『税理士試験―替え歌暗記法』についても、無料でレンタル可能になったようです。著者あてにAmazonから案内のメールが来たようなので。

 

Kindle端末が必要なのか、アプリでよいのかなどは正直なところよくわからないのですが、なるべく多くの方に読んで役立てていただければと思います。

 

使用できる環境にある方は、無料レンタルサービスをどうぞご使用ください。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

科目や学校選択について

来年受験する科目や、どこの学校に通うかなどはもう決められているでしょうか?

 

それぞれの科目に、それなりの大変さと、それなりの有用性がありますので、いろいろな考え方があって科目選択がされると思います。

 

書籍にも簡単に書きましたが、

科目選択をする上で、一つ言えることは、

「税法科目の複数受験は受験日に注意する」

ということです。

 

税法科目は、理論を必死に書くためどんな人でも試験終了後、手がかなり疲れています。肉体疲労もかなりのものです。

 

そのため、

法人税法と相続税法

相続税法と所得税法

固定資産税と国税徴収法

といった組み合わせは危険です。

テスト終了後から次のテストまで1時間しかありません。

 

拘束時間や移動やトイレを考えると、ほぼ休憩時間が0になります。

 

どれだけ専門学校で成績がよくても、肉体疲労という要因でつまづきかねません。

 

それと、学校選択についてです。

 

TACと大原がやはり主流だと思います。

では、どちらにすべきかといいますと、これがなかなか難しいところです。どちらにも良さがあります。

 

むしろ、大事にすべきは、

「どこで学ぶか」

より

「誰から学ぶか」

です。

 

無料体験講義を利用して、通える範囲にいる良い講師を探しましょう。評判が良い講師や、合格者を多く出している講師についてそれぞれの学校に聞くこともできます。

 

なので、このブログの上下に、バナーが出ていたりしますが、実際にリンクをたどって申し込むというより、無料の資料請求程度にしておいて、無料体験講義の日程などを調べるようにしましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

本試験会場に「ぶどう糖」

トップページに特集したのですが、おそらく本試験前最後の更新になるので、一応、このブログでも紹介しておきます。

電卓や筆記用具は使い慣れたものがいいですし、受験票などの当日の持ち物は準備されている時期かと思います。

 

以下は、ちょっと、まわりにプレッシャーを与えられそうな商品です。

「『情報戦に負けた』と思わせたら勝ち」的なグッズです。

「脳細胞は『ぶどう糖』と『酸素』で働く」という科学的根拠もありますから、

「チョコレートを食べて、深呼吸をしている人」より一歩リードという気分になれるかもしれません。

 

気休めと言えば気休めなんですが・・・^^;

 

でも、各専門学校が今年は気を利かせて、ぶどう糖ぐらい配ってくれてたりするかもしれませんが。。

肉体的な面では、こんなところでしょうか。。

ほかにもいろいろあると思いますが、

「持てる力を最大限に発揮する」ために、なんでも使いましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

スケジューリングサービスについて

今年の本試験まであと10日を切りました。

 

本試験における超直前期ということで、積極的に

「良い暗記法がありますよ」と

知らせることをしなくなってからしばらく経ちます。

(暗記法なので、方法を知ってから実際の暗記をするのにそれなりの時間がかかるため、「よほど困っています。助けてください」という人以外に知らせたりするのをやめています。)

 

ですが、やはり税理士試験において暗記に困っているよう方々はたくさんいるようで、この時期でも訪問者は多く、書籍を購入してくださる方もおられます。

 

GoogleやYahoo!においても

「税理士試験」

「税理士試験 暗記」

「税理士試験 暗記法」

「理論暗記」

の検索で上位に表示されるようになりました。

 

多くの方が税理士試験においては暗記法を探し求めており、そしてこのサイトにたどり着いていただいているようです。

 

ネット社会という環境のおかげで、予想より早く、この暗記法が広まっています。

 

特に税理士試験という競争試験の性質上、ライバルに良い情報を提供するということはたいていの受験生がしないので、口コミは期待していませんでしたが、検索サイトは、口コミではない受験生のサイト探索行動を評価してくれるようなので、予想外の速さで上位に表示されるようになりました。

 

暗記に困って絶望的な気持ちになっている人を助けたいと思って書籍を書いたので、そうした人の手元に情報が届きやすくなったということはうれしい限りです。

 

あとは、その人たちがネットで少し探すだけです。

 

一方で、こちらが目指すところは、理論における「電卓」です。

 

電卓が使えただけで、簿記論は合格ができません。

 

しかし、電卓がない人から比べると、圧倒的に有利です。間違いありません。

 

同様に、『税理士試験-替え歌暗記法』を読んで実践していない人と比べると、読者で実践している方は圧倒的に有利です。

 

来年などは、直前期の過ごし方が全く変わることでしょう。暗記の回転はしないわけではないものの、その作業はもっとあっさりしたものとなり、もっと他の事に気が回るようになっているはずです。

関係通達や、関係書籍、条文、テキストといったものを一通り読むといった時間と心の余裕が生まれるはずです。

 

「暗記作業が大変すぎて、応用・事例理論対策ができない」といったこともなくなります。

 

ただ、一方で、皆が電卓を使うように、『税理士試験-替え歌暗記法』で覚えるようになると、その土俵の上での学習や技能が求められるようになります。

 

是非そうなってほしいものです。

 

経験上、その技術の一つが、おそらく「スケジューリング」になるはずです。

 

現在、有料サービスのために準備中で、詳細な説明をこのHPにおいても用意している最中です。

 

さすがに、今は今年の本試験で多くの受験生がそれどころではないと思いますので、たいして急いで制作していないのですが、来年の受験の役に立てればと準備中です。

 

もうしばらくお待ちください。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

amazonポイント30%還元中

先ほど気づいたのですが、amazonでkindleの電子書籍の30%ポイント還元というものを昨日ぐらいから行っているようです。

(対koboへの対抗措置みたいです。)

 

著者にはもちろん何も知らされていません。

 

いつ終わるかもわからないみたいです。koboは明日までみたいなので、とりあえず今日のところはキャンペーンをやっているのではないかなと思います。

 

買おうかどうか迷っている方がいれば、この機会に購入しておくとお得なのかもしれません。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

申込者数発表

国税局のHP上で、今年の税理士試験の申込者数が発表されました。

 

軒並み受験者数が減少していますが、

ほぼ理論で構成された科目の国税徴収法だけ、昨年より200名以上増加しています。

 

合格率は10%前後と決まっていますから、読者の方で国税徴収法申込者には、「狙い通りチャンスが広がった」と言ってもいいと思います。

 

この超直前期に『税理士試験-替え歌暗記法』の実践者は、暗記の点で先行している他の方法での暗記を行っている方との差を大きく詰めたり、逆に引き離したりすることができる期間になります。

 

「覚えたはずなのに・・」という思いが、他の暗記方法で暗記している人の頭を混乱させ精神的に追い詰めています。実際、お金を払って申し込んだのに約半数もの人があきらめてしまい、会場にはたどり着けないのです。

 

ですから、苦しい期間だと思いますが、確実に他の方々よりも有利ですので、気持ちを切らすことなくラストスパート頑張ってください。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

「なぜ自作曲でないか?」を更新

「なぜ自作曲でないか?」という記事をupしました。よかったら見てください。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

CMと音楽 「ビックカメラ」

昨日はヨドバシカメラだったので、今日はビックカメラにしようと思います。

 

記憶の中では同じメロディーだったのですが、ビックカメラのメロディーは「ごんべさんの赤ちゃん」ではありませんでした。

この曲は、ビックカメラの中を買い物でもしようかなと少し歩くだけで何回も耳に入ります。

 

何も買わずに、池袋駅に向かっていると

「不思議な不思議な池袋・・・♪」

と口ずさんでいることがあります。^^;

 

私だけでしょうか。。

 

とはいえ、音楽に乗せるだけで、人間の脳はこうも影響を受けるのかと思うほど、歌詞が記憶に焼き付けられることは確かなのだと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

CMと音楽 「ヨドバシカメラ」

税理士試験関係の3つのCMを取り上げました。

 

各社・学校ともに授業で「歌えば覚えやすい」とは、教えなくても宣伝部隊は「歌にすれば覚えられやすい」ということを行っているわけです。

 

少し『税理士試験-替え歌暗記法』と関係があるように、今日は替え歌のCMです。

かなり有名な歌です。

 

原曲は「ごんべさんの赤ちゃん」です。

(とはいえ、アメリカの曲が本当の原曲なので「ごんべさんの赤ちゃん」自体も替え歌と言えば替え歌です。)

この原曲もかなりおもしろい歌詞で、

「なんで風邪ひいて最後に湿布?」

「結局、風邪治ったの?」

となります。。

 

ヨドバシカメラの歌詞の方が、少し意味があるような気さえしてきますが、

それはともかく、優れたメロディーというのは国や時代を超えて人々の心に残るものです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

CMと音楽 「東京IT会計専門学校」

税理士試験という業界の中で、一番有名なCM音楽と言えばこの曲なのではないでしょうか?

どこま~でも  どこま~でも ・・・ ♪

 

一度聴いたら耳から離れない曲です。

記憶にあるという人は、多いと思います。

 

ただ、税理士試験と関係があると思われてはいないかもしれません。

 

普通の応援ソングにも聞こえます。

 

印象的な音楽は、人の心と脳に歌詞を刻みこむものです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

南三陸町 その5

伊里前の海岸線は面影が全くありません。

 

アサリを取ったりした場所がいったいどこなのか、貝殻や石を投げていた場所が一体どこなのかも全くわかりません。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

「全部丸暗記で大丈夫?」を更新

「全部暗記で大丈夫?」

という記事を公開しました。

 

よろしければご覧ください。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

CMと音楽 「大原」

昨日は、TACを取り上げたので今日は大原です。

昨日のTACのCMと異なり、全編音楽ではありません。

 

ただ、TACのCMは地方CMということで、見たことがありませんでしたが、大原は見たことがありますし、聞き覚えがあります。

 

最後に

お~はら  お~はら・・・♪

 

キャッチフレーズ的なものにちょっとだけメロディーがついています。

 

このちょっとだけとはいえ、メロディーがついているかどうかで人の記憶に残るかどうかが大きく違うものです。

 

この短いメロディーを作ってもらうのに一体いくらかかるのでしょうか?

 

全く分かりません。

 

ただ、結構なお金をだしてもメロディーをつけると人間の記憶に残りやすくなるということは、CM業界では常識です。

 

やはり、大原も、受験指導でメロディーを使って人の記憶に残すという指導はしてないものの、宣伝ではメロディーを使って人の記憶に残すということを行っています。

 

「歌で記憶に残りやすくする」は盲点だっただけで、とりわけ新しいということではありません。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

CMと音楽 「TAC」

「替え歌暗記法」は「音楽に乗せれば覚えやすい」という誰でもわかる理屈の上に成り立っています。

 

音楽と記憶の効果性は、CMでよく使われています。

 

15秒程度ですが、記憶に残すために音楽が使われます。

 

税理士試験の受験業界では、「歌で覚える」が斬新でもCM業界では古典的な手法です。

 

そこで、今日からyoutubeにあるCMを紹介していきたいと思います。

 

まずは、税理士試験と深いかかわりのあるTACです。

なんとなく探していたら見つけました。

 

金沢だけで流れているのでしょうか。。。

 

はじめてみましたが、TACも受験勉強で「音楽を使って記憶させる」ということを教えているわけではないものの、宣伝では「音楽を使って記憶させる」ということを行っているようです。

 

ちょっと面白いCMです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

九九の歌の話 その7 「もちろん応用がきく」

そろそろ6月も終わります。

 

本試験まであとわずか。みなさんがんばってください。

 

 

近年の本試験は、科目によっては単なる丸暗記では対応できなくなっています。

とはいえ、「暗記すると応用問題に対応できない」ということはありません。

 

九九がいい例です。

 

九九を歌で覚えましたが、その後、応用問題に弱くなったわけではありません。そんな人はいないと思います。

 

九九を歌で覚えたからと、いちいち全部歌わないと出てこないわけではありません。出したい部分だけを歌うこともできます。

 

暗記したものを応用することは結構簡単です。

 

要するに

「応用問題ができないのは応用問題対策をしていないから」

であって、暗記とは全く関係がありません。

 

当たり前と言えば当たり前の話です。

 

暗記すべきものは暗記して、暗記ではなく理解して応用力を培うべきものは理解するようにするということは、何を勉強するにも大切なことです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

九九の歌の話 その6 「覚えづらい歌」

いろいろな九九の歌が出版されています。

 

昨日は、九九を歌で覚えなかった友人の話を書きましたが、今日は、九九を歌で覚えたけれども数学が苦手になった人の話です。

 

私が覚えた九九の歌はyoutubeにはありましたが、すでに絶版になってしまっています。でも、その人の覚えた九九の歌は今でもCDとして残っており、売られています。

 

実に30年以上売れ続けている歌ということになります。

 

とはいえ、数学が結果的に苦手であまり得意でないというわけですから、効果があまりなかったとも言えます。

 

私は、ここ数年で『税理士試験-替え歌暗記法』で書いたように、大量の歌を覚えることを行いました。メロディーや符割によって「覚えやすい歌、覚えにくい歌」があるということをはっきり実感しました。

 

たとえば、いわゆる名曲といわれるものは、それほど普段聞いている曲ではなくても、心に響き、すぐに覚えられます。

 

優れたメロディーを作るアーティストの方々というのは本当に素晴らしいと思います。到底素人では、そんなメロディーは作り出せません。

 

単に名曲というだけでなく、覚えやすい歌となる要素はいくつかあるのですが、『九九の歌』といった子供が算数を得意と感じるかどうかという分野のものについては、是非、覚えやすい歌で覚えさせてあげたいものです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

九九の歌の話 その5 「算数・数学が得意になる?」

この週末に、友人と九九の歌の話をしました。

 

年はそれほど変わらないのですが、友人は九九を歌では覚えなかったそうです。

 

30を過ぎて数学などに触れることはお互いなくなりましたが、彼は数学が苦手で、私は数学が割と得意です。

 

最初は、「歌で覚える」というただそれだけのことですが、小学校低学年の時に、歌があるというただそれだけで自分は、「算数が得意だ!」と思えました。計算プリントを誰より早く終えられたからです。

 

しかし、大人になって、世間を見ると、世間には暗算の天才やそろばんの達人など、自分よりはるかに計算力に優れた人がたくさんいることに気付きます。

 

要するに、「算数が得意だ!」ということは単なる思い込み・勘違いだったわけです。

 

ですが、その勘違い・思い込みがあるかどうかで、その後の勉強意欲が変わって来ました。

 

そこで、

「九九というのは、算数・数学の入口なので、意外とその後の数学に対する苦手意識と大きく関係するのではないか。数学が好きになったり嫌いになったりということが『たかが替え歌、されど替え歌』なんじゃないかな」という論理を友人に対して展開してみました。

 

そして、あっさり聞き流されて「大げさだ」と否定されました。(笑)

 

そんな小噺です。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

南三陸町 その4

「全世界のみなさんありがとう」

というメッセージです。

 

元伊里前商店街の入口に掲げられています。

 

世界中の人が救援にかけつけてくれたり、寄附をしてくださいました。

 

伊里前商店街は跡形もなくなくなっているので、景色の大半は今も切ないものばかりですが、そんな中でも心温まるメッセージです。

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

※今日のamebloのアメンバー限定記事は、書籍を読んで、すでに替え歌で覚えている方にとって、書籍の内容と重複する説明ではありますが、参考になる重要な記事が書かれています。

 

読者の方は「『税理士試験-替え歌暗記法』の実例相談」というぐるっぽに参加の上、アメンバー申請することで読むことができます。

『替え歌暗記法』のよくある落とし穴

替え歌暗記法というもの自体は一般的なものだと思うのですが、税理士試験の税法科目の理論暗記に応用しようとするときに、「初心者がはまるであろう落とし穴」がいくつかあります。

 

本の中で詳しく全体的に論じていますが、いくつか記事にしました。

 

「よくある落とし穴」

をご覧ください。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

九九の歌の話 その4 楽しく覚えられる

幼心に、九九の歌を覚えるのは楽しかった記憶があります。

 

暗記が楽しかったということは、後にも先にもあまりないかもしれません。

 

入口が歌なので楽しく、そして、成果として周りよりできるようになるのでより楽しくなりという良い循環です。

 

学習を楽しく行うということは、学習効率を考えるうえでかなり大切なことです。

 

つまらないものに、学習効率は期待できません。

 

みなさんにとって理論暗記は楽しいものでしょうか?

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

九九の歌の話 その3 覚えやすい段、覚えにくい段

『税理士試験ー替え歌暗記法』によって、かなりの曲を暗記してからの九九の歌を再び聞き直してみるといろいろなことがわかります。

 

何百曲も覚えたので、どんな曲は頭に残りやすくでどんな曲が頭に残りにくいかというのもわかるようになってきました。

 

それを基に九九の歌を聴きなおしてみると、この九九の歌で本当に助けてもらったものの、小学校2年生のころにほんの少しだけ覚えにくく感じた段があったような気がします。

(当然ですが、今では歌わなくても間違えずに正解を言えますが。。)

 

今、歌を聴きなおしてみると、たしかにその段のメロディーは『税理士試験ー替え歌暗記法』にも書いたように、そこまで記憶しやすいメロディーラインではないことに気づきます。

 

大人が使うことのない教材なので、大人が真剣に聞くことはないのかもしれません。

とはいえ、たかが、九九の歌ですが、されど九九の歌です。

 

算数が好きになるか、嫌いになるか、数学にとっつきやすいかそうでないか、将来、税理士になれるか、なれないか

 

そんなところまで関係してくるかもしれません。

 

大げさな話です。(笑)

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

九九の歌の話 その2 「意味など分からなくても」

昨日紹介した、九九の歌ですが小学1年生か、幼稚園の時に覚えたような気がします。

 

おかげで小学2年生で、九九を勉強したときには、かなり役立ちました。

 

歌というのは、意味など考えなくても歌えますし、覚えられるものです。だから、幼稚園児でも覚えられる訳です。

 

とはいえ、いまだに意味も分からず歌で九九を解いているのかというとそんなことはありません。さすがにそんな大人はいないと思います。

 

覚えた歌詞はだんだん意味が分かるようになってくるものです。

 

つまり、通常の勉強は、

 

理解 ⇒ 暗記 ⇒ 応用

 

ですが、

 

歌による勉強は

 

暗記 ⇒ 理解 ⇒ 応用

 

となります。

 

暗記が先でも全く苦になりません。

 

全くアプローチが違うわけです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

九九の歌の話


昨日紹介した、amazonの九九の歌は、いろいろあるようですが、結構同じ曲が使用されているようです。

 

すべてを視聴したわけではないので、厳密なことは言えませんがamazonで試聴することができるものもあります。

 

興味のある方は、昨日のページから試聴してみてください。

 

ところで、私も九九を歌で覚えましたが、それをyoutubeで発見しました。

 

この曲です。

upしてくださっている方が、すでに絶版になっているものの自宅にあるカセットテープから発見してくださったようです。

 

約30年ぶりに聞きましたが、結構記憶に残っているものです。私の記憶力のすごさではないと思います。

 

音楽と長期記憶の関係なのだと思いますが、中学生の時に覚えた「枕草子」の冒頭部分は最初の一行しか思い出せないことからすると、「音が付く」だけで、驚くべき効果があることを表していると思います。

 

みなさんは九九を歌で覚えたでしょうか?

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

いろいろな替え歌暗記法 その3

なんといっても、有名なのが次の商品でしょう。

九九の歌です。

 

とはいえ、厳密にいうと九九の歌自体は替え歌ではありません。

 

この中のどれかに収録されていた、「ABCの歌」がキラキラ星の替え歌です。

都道府県の県庁所在地を覚える歌や世界の国を覚える歌というのもあるようです。

 

たくさん出ているものなんだということを今回初めて知りました。

 

(とはいえ、九九の歌についてはまだ少し書きたいことがあるので、明日以降書きたいと思います。)

 

子供頃に、何かを替え歌で覚えるということは、一般的なことで、効果があると認められた手法のようです。

 

歌の方が、なにもないより覚えやすいからです。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

仮設コンビニ

もともとセブンイレブンがあった場所に、プレハブのセブンイレブンが作られています。

 

震災があって何か月かして祖父の元を訪問できたのですが、その時にはすでに仮設のコンビニ(ファミマ、ローソン等)が何軒もできていました。コンビニ内のATMも使えました。

 

そこでの店舗設立が企業として採算があうかどうかはわかりませんが、地元の人の生活にとって本当に助けになったと思います。

 

そうした点での企業努力には頭が下がります。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

追加しました。

「理論暗記の重要性」

という記事を追加しました。

 

トップページから、左側のタブを押すと読むことができます。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

いろいろな替え歌暗記法 その2



茂木会計事務所の求人情報をupしました。

 

関心のある方はご覧ください。

 

さてさて、今日も別の替え歌暗記法の紹介です。

 

今日は、生物です。

全70曲をCD3枚に収録しているようです。

70曲で4,000円弱になるというわけです。

 

考えることは、だいたい同じです。

 

「楽しく音楽でラクに覚えましょう」

です。

 

ただ、『税理士試験-替え歌暗記法』は、著作権法上の制限の理由で、今手元にある替え歌集を一般に広く公表できないので、「自分で替え歌を作ってもらわなければならない」ということが大きく違うところです。

 

とはいえ、税法科目となると最低でも、100曲超の曲数ですから、知らない曲が入っているよりも、「自分の好きな曲を選抜できる」というメリットがあります。

経験すると実感していきますが、「自分の選んだ曲」は、本気で合格を目指す上で「暗記の効果性」や応用・事例問題に対応していくための大きな力となります。

 

一長一短です

 

暗記CDを買うことを進める人もいれば、自分で朗読してそれを聞くことを進める人もいます。

替え歌集がいい人もいれば、自分で替え歌を作ることがいいと判断する人もいるものです。 

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

 ↑こちらのクリックもよろしくお願いします。

ちなみにこちらのクリックをたどっていただければ

「国税徴収法のすゝめ」(ameblo)

「法人税法のすゝめ」(FC2)

「消費税法のすゝめ」(Goo)

「財務諸表論のすゝめ」(Seesaa)

といった各税法の解説を連載しているブログのリンクもあるのでそちらの連載も読むことができます。

おそらくそれぞれ上位にランクインしているかと。

 

 

【お知らせ】

amebloで、『税理士試験-替え歌暗記法』の読者限定記事を書いています。

 

本を購入していただいた方は、amebloに行くと読む手順が出ていますので、そちらからご覧ください。