応用問題や事例問題への対策?

『替え歌暗記法で暗記すると応用問題に対応できない』

というのは本当でしょうか?

 

少し考えてもらいたいのですが、

「九九を歌で覚えた人は算数の応用問題が解けない」

のでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

むしろ、

「九九を覚えてない人が算数の応用問題が解けない」

のです。

 

 

『替え歌暗記法で暗記すると応用問題に対応できない』

「音読することで暗記すると応用問題に対応できない」

「たくさん書いて暗記すると応用問題に対応できない」

「たくさん聞いて暗記すると応用問題に対応できない」

と同義です。

 

「暗記したら応用問題に対応できない」ということはありません。

 

要するに『替え歌』は単なる方法の一つです。

音読するか、書くか、聞くか、歌うかのどれかで結局暗記するわけです。

 

『税理士試験-替え歌暗記法』では、「どうせ暗記するなら」ということで「効率の良い方法」、「本試験で平常心を保てる方法」を提案しているだけです。

 

もっとも、「税理士試験-替え歌暗記法」のノウハウをもってすれば、応用問題にはかなり対応しやすくなります。そういった工夫も収録されています。

 

つづきは「よくある質問」