『税理士試験-替え歌暗記法』の効果性

税理士試験の税法科目の理論問題と『替え歌暗記法』は相性が非常に良いものです。

無料資料請求 受付中 右上のe受付から講座申込可能

『税理士試験-替え歌暗記法』の効果性

①覚えやすい

五感を使って覚えるのに適しており、感情も伴うことができるので非常に覚えやすいです。

 

細かい方法は本を参照してください。

 

②忘れづらい

税法科目の理論暗記で一番つらいのが、「忘れてしまう」ことです。

 

 

 

この本の方法で、特徴となるのが「忘れづらい」ことです。

これまでの暗記方法と全く異なることを実感してください。

 

③思い出しやすい

誰でも「ど忘れ」というのはあるものです。

しかし、この方法なら、思い出すことも容易になります。

 

歌詞を忘れた場合には、思い出すためのきっかけがいろいろあるからです。

詳しくは、本を参照してください。

 

④短時間で覚えられる

①とかぶっているようですが、あえて書きます。

これまでの暗記法では、直前期からの学習では到底間に合いませんでしたが、この方法なら短期間でも挽回可能です。

⑤条文の理解が進む

歌詞を、「メロディーなしの方が意味がよくわかる」という人はいません。

メロディーをつけて何度も聞いていると、単に読んでいた時には見落としていた意味が浮き上がってきます。

この方法なら、これまでの「暗記より理解」という標語による「暗記」は「理解」の敵という概念は覆されていきます。

 

⑥飽きづらい

これまでの暗記法は、苦行的な側面が強いものでした。

メロディーがあるだけで何時間も聞けたりします。

これまでよりはかなり継続しやすい暗記法です。

⑦一字一句暗記が自然としやすい

歌番組で好きなアーティストが歌詞を少し間違えると気づいたりします。

歌詞は、一字一句の暗記にぴったりなのです。

⑧平常心で試験にのぞみやすい

なにしろ周りは本試験直前に理サブ、理マスを必死に覗き込んでいる人ばかりです。

 

自分に圧倒的な余裕を感じます。

 

鼻唄交じりで、試験にのぞめるので本来の力が発揮しやすくなります。

⑨計算問題も早くなる

覚えた歌は、計算問題を解いていて迷うような問題の時にも助けてくれます。

条文が一字一句頭に入っているので迷うことなくどんどん解くことができるようになります。

⑩腱鞘炎にならない

当然ですが、腱鞘炎には絶対になりません。

 

⑪努力が報われやすい

覚えた理論が記憶に残ります。しかも、「本試験で点になる精度」で残ります。地道にやれば、確実に努力が積みあがります。

 

 

他の暗記法でも、多少は残るのですが、「本試験で点になる精度」ではありません。ざっくりと意味が言える程度です。せっかくの努力が、消え去っていきモチベーションも下がります。

 

要するに

「普通の城の建築」 対 「砂上の城の建築」です。

 

最終的に、どちらの努力が報われやすいかは明らかです。